長谷工 既存社宅を全面改修、CO2排出実質ゼロへ 省エネ・再エネ活用

長谷工グループ(代表企業:長谷工コーポレーション/東京都港区)は6月13日、既存の企業社宅を全面改修し、建物運用時のCO2排出量実質ゼロを目指す賃貸マンション・プロジェクトにおいて、新たな賃貸マンションの名称を「サステナブランシェ本行徳」に決定したと発表した。6月下旬に改修工事に着手する。

同マンションは、省エネ技術、建物の長寿命化技術、ウェルネス住宅技術のほか、長谷工グループが有する様々な最新技術を導入する。IoT機器やAI技術を最大限生かした「未来住宅」の創造に向けて、全36戸のうち13戸を新たな技術開発に向けた環境データ収集を行う居住型実験住宅としている。

 

2022年6月16日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ