施工風景リアルタイム動画配信中

 

太陽光・蓄電池・オール電化の施工事例

 

お客様からの声

 

電力自由化シミュレーション

 

 

ECO信頼サービスのINFORMATION

  • 2017.04.25

    太陽光 普及率 拡大

    ■増え続ける家庭のエネルギー消費量と電気代
    家庭用のエネルギー消費は増加し続けており、その消費量は1970年代から比較すると2014年度は約3倍にものぼります。この背景には世帯数の増加や、生活の利便性・快適性を追求するライフスタイルの変化により、一般家庭にも電化製品やIT機器が普及し、個人の消費電力が増加したことが影響していると考えられます。
    省エネ性能が進化し、ここ数年で消費量は減少傾向の一方、電気料金単価は上がり続けています。燃料の高騰や原子力発電停止に伴う火力発電費の増大など、今後も料金単価が上がれば、家計の圧迫につながる可能性があり、対策は必須です。

    https://www.atpress.ne.jp/releases/127064/img_127064_2.jpg
    ※資源エネルギー庁:平成27年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2016)より出典(電気代推移については電気事業連合会「電力需要実績」、「電気事業便覧」を基に作成)



    記事内容へ

  • 2017.04.24

    <原発からの請求書 読者発編>(上) 1キロワット時当たり0.93円負担

     三月に九回にわたり連載した「原発からの請求書」では、東京電力福島第一原発の処理費や、核燃料サイクルなど原発の後始末代が四十兆円にも膨らんでいることなどを明らかにしました。読者の方からもメールやツイッターで意見を募集したところ約百件の疑問の声や意見が寄せられました。読者の疑問などをもとに追加調査した「読者発編」をお送りします。 (吉田通夫、池尾伸一)
     「結局わが家は毎月いくら負担しているのか」-。初回はこんな疑問にお答えするため、電気使用量別の負担額を試算し、簡易計算式も独自にお示しします。
     まず、福島事故被災者への賠償費七・九兆円。大手電力が共同で支払う費用が消費者に転嫁されており、東電利用者は一キロワット時当たり〇・二五円。費用膨張に伴い二〇二〇年度から新電力の契約者も含め〇・〇七円が加わります。
     汚染土壌を保管する中間貯蔵施設の建設費や原発のある自治体への補助金は、一キロワット時あたり〇・三七五円の「電源開発促進税」から支出されます。15%が中間貯蔵施設に、80%が自治体向けの計算です。
     将来の原発廃炉のための積立金は、東電では柏崎刈羽原発のため一キロワット時当たり〇・〇一八円が上乗せされています。使用済み核燃料のリサイクル、最終処分場建設も消費者負担です。
     結局、これらを合わすと、原発の建設費、維持費以外にも各家庭は一キロワット時当たり〇・九三〇七円を負担している計算です。図の簡易計算式のように、家庭の平均使用量にこの数字をかけると負担額が算出されます。過去一年の使用量は東電の場合はカスタマーセンターに電話すれば分かる仕組みですが、待たされることもあるようです。
     福島第一原発処理費は拡大の懸念も。最終処分場なども日本では実現しておらず、費用は政府目算を超える可能性があります。高速増殖炉もんじゅの廃炉費や後継炉の開発費は税金で工面されますが、金額は見当がつかない状態です。



    記事内容へ

  • 2017.04.23

    核燃工場廃止に8千億円 原発廃炉の10倍、国民負担

     原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す国内初の再処理工場「東海再処理施設」(茨城県東海村)の設備や建物を解体撤去する総費用について、作業終了までの70年間で約8千億円に上るとみられることが22日、運営主体の日本原子力研究開発機構への取材で判明した。機構は国の交付金で運営されており、廃止費用は国民負担となる。
     使用済み燃料を細断し、むき出しになった放射性物質を扱うことから、「廃止措置」では核燃料が原子炉内に集中している原発に比べて汚染が広範囲に及ぶ。このため廃止の総費用は数百億円とされる原発廃炉の10倍以上となる。



    記事内容へ

  • 2017.04.22

    蓄電池で対策 大雨、唐津1時間29ミリ 伊万里、停電

     佐賀県内は17日、前線を伴った低気圧の影響で大雨に見舞われ、1時間当たりの雨量は唐津市で29・0ミリ、佐賀市北山で12・5ミリを観測した。交通機関が乱れ、列車が徐行したり航空機が欠航したりした。

     佐賀地方気象台によると、唐津市では降り始めの午前0時から午後8時までに113・5ミリを記録し、観測地点を現在地に移転した2010年以降、4月としては最大雨量になった。

     県によると、強い風雨の影響で一部の電線が切れ、伊万里市と有田町で計140戸が一時停電した。

     JR九州によると、筑肥線の肥前久保-伊万里間で徐行規制をした。佐賀空港では、午後に到着予定だった成田発の春秋航空日本便と羽田発の全日空便が着陸できずに引き返した。これに伴い、折り返しの2便はそれぞれ欠航した。

     気象台は、雨は18日未明までで、日中は県内全域で天候が回復するとみている。(取材班)



    記事内容へ

  • 2017.04.21

    6月電気料金、全社値上げ=燃料高で5カ月連続-電力大手

     電力大手10社が6月の電気料金を、前月に比べて標準家庭で月30~65円程度引き上げる見通しであることが20日、分かった。原油や液化天然ガス(LNG)など火力発電燃料の価格上昇が理由。10社全てが値上げするのは5カ月連続となる。
     値上げ幅が最も大きいのは沖縄電力で、前月より65円程度高い約7225円となる見込み。北海道電力と関西電力は60円程度の値上げになるとみられる。
     東京ガスなど都市ガス大手4社も6月のガス料金を引き上げる。標準家庭では20~25円程度の値上げになる見通し。



    記事内容へ

⇒ 全て見る

売電収入チャンピオン

余剰電力買取BEST

  • 合志市 E 発電所 様
    97.921kw
  • 熊本市 A 発電所 様
    97.839kw
  • 大牟田市 Y 発電所 様
    92.063kw
  • 玉名市 K 発電所 様
    86.772kw
  • 八代市 U 発電所 様
    62.063kw

2017年4月

 

 

 

社会貢献への取り組み

 

ECO信頼サービスでは、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として以下の団体へ売上の一部を寄付(寄贈)しています。

 

日本救援衣料センター   日本赤十字社

 

 

このたびの、熊本・大分を震源とする地震により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
ECO信頼サービスでは、売上金額の一部を地震災害の義援金として寄付しています。

 

 

 

 

営業スタッフ(正社員)随時募集中です!

 

▲先輩スタッフの声、代表からのメッセージがご覧いただけます。

 

 

メディア掲載情報

 

メディア掲載情報|月刊リーダーズ、福岡経済

 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ