蓄電池・太陽光・オール電化の施工事例

 

施工風景リアルタイム動画配信中 ライブ配信 ライブ配信 過去の施工風景A 過去の施工風景B

 

お客様からの声

 

電力自由化シミュレーション

 

成功ちゃん   頑張る営業マン紹介

 

ご成約キャンペーン

 

ECO信頼サービスインスタ

 

ECO信頼サービスのINFORMATION

  • 2019.12.12

    Nature、家庭のエネマネ手軽に管理「Nature Remo E」–電力使用量その場で確認

    家庭のエネルギーマネジメントが手軽にできるデバイス「Nature Remo Eシリーズ」がNatureから登場した。太陽光、蓄電池、スマートメーター等の機器と連携し、電力の消費状況や太陽光発電システムの発電状況をリアルタイムに確認できる。発売は12月17日。現在、通常価格から5000円引きになる、先行特別価格2万4800円で予約を受け付けている。

    Natureは2014年に設立。三井物産で電力事業に携わった経験を持つ塩出晴海氏が代表を務める。スマートリモコン「Nature Remoシリーズ」の開発、販売を手掛け、累計販売台数は10万台を突破している。

    「Nature Remo E」
    「Nature Remo E」
    「Nature Remo」
    「Nature Remo」

    Nature Remo Eは、Nature Remoシリーズで培ってきた技術・実績をもとに開発したエネマネシステム。連携した家庭の蓄電池を、スマートフォンの「Nature Remoアプリ」からコントロールでき、電力の消費状況や太陽光発電システムの発電状況をリアルタイムに確認でき、外出時に家の外からの操作も可能だ。

    「Nature Remoアプリ」
    「Nature Remoアプリ」

    対応家電は太陽光発電システム、蓄電システム、スマートメーターなどのECHONET Liteで、Wi-SUN、Bluetooth Low Energy、Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)の無線通信規格をサポート。iOS 12.0以降、Android 6.0以降の機種で使用できる。

    塩出氏は「日本の電気代は25円/kwh前後となり、太陽光発電は導入しないと損な時代になっている。EVと組み合わせ、昼間に発電してEVにためて夜間に使ったり、近所の人とシェアしたりと、電気と人の関わり方は変わりつつある。今使っている石炭火力や原子力発電ではなく、ローカルコミュニティ内で電気を融通しあえる世界がすぐそこまで来ている」とエネルギー事情を説明する。

    Nature 代表取締役の塩出晴海氏
    Nature 代表取締役の塩出晴海氏

    塩出氏はインドネシアの石炭火力発電所に訪れたことがあり、その時の経験が現在の仕事に結びついた。「働いている人が怪我をしたり、発電所のすぐ近くには人の住む集落もある。その状況に違和感を覚えた。当然のように使っている電気は大きな歪みの上で作られている。その歪みを解消し、クリーンな電力を普及させたいと思った」と当時を振り返る。

    Nature Remo Eに加え、スマートメーターとの連携のみに対応したエントリーモデル「Nature Remo E lite」(2020年3月発売予定、先行予約特別価格:1万2800円/2000円引き)もラインアップ。急速に導入が進む、スマートメーターと組み合わせて電力消費量をモニタリングできる環境を整える。

    「Nature Remo E」と電力消費量のモニタリングができるエントリーモデル「Nature Remo E lite」をラインアップする
    「Nature Remo E」と電力消費量のモニタリングができるエントリーモデル「Nature Remo E lite」をラインアップする

    目指すのは、分散された再生可能エネルギーを地元コミュニティでシェアできる仕組みづくりだ。大規模発電の代替となる、分散型電源として自家用の太陽光発電システムや電気自動車の普及は進んでいる。太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)買取期間の保証が終了する家庭が出てくる「2019年問題」も後押しとなり、太陽光発電の余剰電力を融通する「ピアトゥピア(P2P)電力取引」のプラットフォーム化を見据えている。



    記事内容へ

  • 2019.12.11

    「卒FIT」電気争奪戦 太陽光発電の先進地では低調?

    住宅用の太陽光発電で、余った電気の買い取り競争が11月から始まるなか、太陽光の「先進地」と言われる九州で争奪戦が盛り上がっていない。環境にやさしい電源を手に入れようと電力会社が取り合うと想定されたが、買い取り価格の相場はほかの地域より安くなっている。そこには、再生可能エネルギーの普及が進む地域ならではの事情がある。

    太陽光の普及を目的に、発電した電気の余剰分を定額で買い取ることを大手電力に義務づけた国の制度(FIT)は、住宅用で11月から10年間の買い取り期間が切れ始めた。全国では2023年までに累計で約165万件(計670万キロワット)が「卒業」となる。九州では同年までに累計25万件に上り、出力量では全国の約16%を占める見通しだ。こうした「卒FIT」世帯は、これまで通り大手電力に売り続けることもできるが、より高値で買い取ってくれる会社に契約を変えることもできる。

    新電力にとっては、契約を結んで仕入れ先を増やせば、二酸化炭素を排出しない電源を少しでも確保し、企業価値を高められる。

    だが、日照条件がよく太陽光発電の普及が進んだ九州では、供給は過剰気味だ。電気の需要を大きく上回る日には、発電を一時的に止める出力抑制も起きるほどで、卸電力市場で売買される電気の価格もほかの地域に比べて安い。九州電力の買い取り価格は1キロワット時あたり7円で、全国の大手電力では最安値となっている。

    こうした地域事情から、九州で…



    記事内容へ

  • 2019.12.10

    太陽光発電搭載車をレンタル。キャンピングカー、白井市と防災支援協定締結

    白井市に向けて優先的にレンタル

    キャンピングカー株式会社は、2019年12月6日、千葉県白井市との間で防災支援協定を締結すると発表した。

    同社は、キャンピングカーのレンタルサービス『Japan C.R.C.(ジャパンキャンピングカーレンタルセンター)』を展開している企業。白井市との協定では、太陽光発電設備や災害用トイレを搭載した車両が、同市に向けて優先的にレンタルされるという。

    災害時に役立つ装備を搭載しているキャンピングカー

    キャンピングカー株式会社の『Japan C.R.C.』は、行き先・用途・利用人数に合わせて好みの車種を選べるレンタルサービス。初心者であってもキャンピングカーの魅力を体験できる点が人気を呼び、同社は既に全国16か所にて同サービスの営業所を展開している。

    同社は、キャンピングカーが災害時に役立つ装備を搭載している点に着目し、防災事業への取り組みも開始した。太陽光発電および蓄電といった機能を活かし、即座に支援ができる仕組みを整備。2018年の西日本水害では、車両レンタルを行った実績も持つ。

    災害応急対策の円滑な遂行を支援

    千葉県白井市は、これまでは災害が比較的少ない地域と考えられていた。しかし、2019年9月の台風被害によって、防災・減災対策の必要性を認識。キャンピングカー株式会社との防災支援協定締結に至ったという。

    同協定は、同年12月13日付で締結される。同社は、太陽光発電を備えたキャンピングカーを白井市へ優先的に貸し出すことで、同市の災害応急対策の円滑な遂行を支援するとしている。



    記事内容へ

  • 2019.12.09

    『乾電池式充電器』が災害時スマホ充電手段として再評価! メリットやおすすめ商品を紹介

    乾電池式充電器

    近年、大型台風といった自然災害による停電などの被害が増えている。命を守るためのツールとして携帯電話やスマホは重要な役割を担っているが、心配されるのはその「充電」だ。スマホがバッテリー切れにならないように、しっかりとモバイルバッテリーを用意しておくことが安心につながる。

    だが、充電式のモバイルバッテリーの場合、スマホを充電できるのは1、2回限りで、再充電しないと使えないというのは、停電時の備えとしては少々心もとない。そこで再評価されているのが、乾電池さえあれば何度でも充電できる「乾電池式充電器」だ。本記事では、乾電池式充電器のメリットや乾電池の選び方、シーン別のおすすめ商品も紹介する。

    停電時にも平常時にも心強い! 乾電池式充電器のメリット

    まずは停電時における、乾電池式充電器のメリットについて説明しよう。

    充電式のモバイルバッテリーの場合、本体に充電された電力を使い切ってしまうと、当然ながらそれ以上はスマホを充電できない。複数回充電できる大容量タイプも存在するが、停電している状況で充電回数に限りがあるのは少々不安だ。

    その点、乾電池式モバイルバッテリーなら、電気が止まったとしても、普段からまとまった本数をストックしておけば、コネクタに接続するだけでスマホの充電が可能だ。停電時に乾電池のストックが切れていても、テレビやエアコンのリモコンなど、使用中の乾電池を使い回すこともできる。さらに、災害時は支援物資として手に入る可能性もある。

    乾電池の長期間保存は自然放電や液漏れが心配という人は、長期間保存可能な乾電池を用意しておくと安心だ。なかには10年間にわたって保存可能な防災に適した商品もある。乾電池ならさまざまな家電製品で活用できるので、ストックが無駄になりにくいのもメリットといえるだろう。

    防災時でなくても乾電池式充電器を常にカバンの中に入れておき、充電が必要になったら、コンビニなどで乾電池を購入して使用するといった普段使いも可能だ。充電器だけならモバイルバッテリーよりも重量がかなり軽いので、負担になりにくい。

    このことからも、充電式のモバイルバッテリーに加えて、乾電池式充電器と乾電池も準備しておくと災害時にも心強いというわけだ。

    乾電池式充電器に最適な乾電池の種類は、「アルカリ乾電池」

    乾電池式充電器を使用する上で知っておきたいのが、乾電池の種類だ。多くの乾電池式充電器は単三乾電池を使用する設計になっているが、実はひと口に単三乾電池といっても3つの種類が存在するので、それぞれの特徴を紹介する。

    なお乾電池式充電器の使用に適しているのは、ひとつめに紹介するアルカリ乾電池だ。一度家にある乾電池の種類も確認してみてほしい。

    ①ハイパワーで容量が大きい「アルカリ乾電池」。10年保存できる製品も

    近年最もポピュラーなのが、ハイパワーで容量が大きい「アルカリ乾電池」だろう。プラス極の材料である二酸化マンガンと、マイナス極の材料である亜鉛が多く含まれているため、マンガン乾電池の2〜5倍ほども長持ちする。電動歯ブラシやストロボなど、連続して大きな電力を供給し続ける機器に適している。

    ほとんどの乾電池式充電器は、アルカリ乾電池での使用を想定して作られている。なかでもパナソニックの「エボルタNEO」なら10年の長期保存ができるため、備蓄用の乾電池としておすすめ。「世界一長持ちする単三アルカリ乾電池」としてギネス世界記録にも認定されている。

    パナソニック エボルタNEO

    ②リモコンなどの小さな電力供給に向いている「マンガン乾電池」

    全世界で広く使われ、古い歴史を持つ「マンガン乾電池」。アルカリ乾電池よりもパワーでは劣るが、時間を置くと再度化学反応が起こり電圧が回復することが特長だ。時計などの小さな電力で動作する機器や、スイッチのオンオフがあるリモコンや懐中電灯など、休み休み使用する機器での使用に向いている。

    また、マンガン乾電池は赤色の見た目をした「赤マンガン」と、黒色の「黒マンガン」の2種類をイメージする人が多いだろう。これは単なるデザインの差ではなく、赤マンガンは電力が弱いものの回復力が高く、黒マンガンは電力が強いものの回復力が低い。なお、赤マンガンは徐々に生産が終了している。モバイルバッテリーで使用する場合は、一気に電力を供給できる黒マンガンを選択しよう。

    マンガン乾電池

    ③充電して繰り返し使える「ニッケル水素電池」

    「ニッケル水素電池」は、充電して繰り返し使用できるタイプの乾電池だ。使い捨ての乾電池よりもハイパワーで長持ちのため、充電器はもちろんのこと、デジタルカメラやCDプレーヤーといった高電圧が必要な機器での使用にも向いている。

    ニッケル水素電池

    災害対策から旅行、ビジネスまで。おすすめ乾電池式充電器3選

    ここからは、おすすめの乾電池式充電器を紹介しよう。持ち運びしやすいミニマムなタイプや、災害時に役立つライトの機能も備えた商品などを選定したので、自身の目的に合った乾電池式充電器を選んでほしい。

    ・コンパクトで持ち運びやすい「電池でGO!!」

    株式会社オウルテック 電池でGO!!

    コンパクトサイズでお出かけのお供として持ち歩きもしやすいこの「電池でGO!!」は、本体の価格も高くはなく、汎用性の高いタイプだ。乾電池4本をすっぽりと包むだけのサイズ感で、持ち運びの煩わしさも軽減してくれる。

    株式会社オウルテック 電池でGO!!

    また、アルカリ乾電池4本で電池容量1960mAhのスマホの場合は約50%ほど充電可能で、緊急用のモバイルバッテリーとしての性能は十分。「電池でGO!!」単体のほか、micro USBケーブルとUSB Type-C変換コネクタが付属したタイプ、Lightningケーブルが付属したタイプも販売されているため、必要に応じて選択できる。

    商品名/電池でGO!!
    販売元/株式会社オウルテック
    価格/本体のみ 1,188円(税込)、超タフLightningケーブル付き 2,618円(税込)、超タフケーブル&USB Type-C変換コネクタ付き 2,068円(税込)

    ・11gという軽さで常に持ち歩きできる「nipper」

    日本ポステック株式会社 nipper

    とにかく小さな本体の重量は、なんとたったの11g。というのも、ケースタイプのモバイルバッテリーではなく、電池の両電極をつないで充電するという発想の転換の商品だ。キーアクセサリーとして使用できるので、常にカバンに入れていても気にならない。自宅やクルマの鍵とセットで持ち歩くことになるため、自宅に忘れてしまうリスクを最小限に抑えられる。たとえば鍵につけておけば、家の中では所定の位置に、外では肌身離さず持っているものなので非常時でもすぐに使用できるだろう。

    日本ポステック株式会社 nipper

    普段はキューブ状の指先サイズで、充電時にセットできる単三乾電池は2本。その分、充電できるバッテリー量は約20%ほどにとどまるが、通話は3時間ほど可能となり緊急時の備えとしては十分役立つだろう。乾電池を持ち歩きたくない人は、必要なときだけコンビニなどで調達すればOK。出力用端子はmicro USBだが、手持ちのLightning変換コネクタを使えばiPhoneも充電可能。

    日本ポステック株式会社 nipperで充電

    本体を開き、電池を挟むようにセットするだけで充電ができる。マグネットが内蔵されているので、充電中の電池もきちんと固定される設計だ。

    商品名/nipper
    販売元/日本ポステック株式会社
    価格/2,680円(税込)

    ・高機能タイプの「USB入出力付急速充電器 BQ-CC87L」

    パナソニック USB入出力付急速充電器 BQ-CC87L

    充電式の電池「ニッケル水素電池」を使用する人は、ぜひ「USB入出力付急速充電器 BQ-CC87」を検討してほしい。充電池を充電する機能と、乾電池式モバイルバッテリーとしての機能、LEDライトの機能を兼ね備えた商品だ。

    モバイルバッテリーとして使用するには本体に電池をセットする必要があるが、その際には充電池だけではなく通常の乾電池も使用できるという優れもの。たとえば停電といった非常時に充電池が2本しか見当たらない場合や、充電池が切れてしまった場合でも、テレビのリモコンなどから乾電池を抜いてスマホの充電に使用することもできる。満充電にした充電池エネループ単三4本を使った場合、内蔵電池3.7V 2700mAhのスマホであれば約50%充電ができる。

    パナソニック USB入出力付急速充電器 BQ-CC87L モバイルバッテリー

    さらに普段使いでおすすめしたいのが、外回りの多いビジネスマンをはじめとしたPCを持ち歩く人。こちらの商品はmicro USBケーブルで充電池を充電する仕組みなので、いざというときはPCのUSBからでも充電ができる。所要時間もエネループ単三2本の場合約2~3時間と、かなりの急速充電だ。

    その他、付属のアタッチメントを装着するとLEDライトとして使用することも可能で、満充電されたエネループなら点灯時間はなんと11時間。停電時に明るさを確保したいときには、きっと頼りになるだろう。

    パナソニック USB入出力付急速充電器 BQ-CC87L LEDライト

    商品名/USB入出力付急速充電器 BQ-CC87L
    メーカー/パナソニック株式会社
    価格/オープン価格

    スマホは災害時の生命線。しっかりとバッテリー切れ対策を

    災害時、外部との連絡手段になるスマホは、自分と家族や友人をつなぐ生命線。バッテリー切れに備えて、充電式のモバイルバッテリーに加え停電にも強い乾電池式充電器の準備もぜひ検討してほしい。備えあれば憂いなし。災害のリスクを確実に減らすだけでなく、日常生活のサポート役となることも知っておきたいところだ。



    記事内容へ

  • 2019.12.08

    U2、再エネで来日コンサート 楽器、FCV発電電力で

    U2のコンサートに電力を供給したトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)。一番奥は日本の著名ギタリスト、SUGIZOさんの所有車=ルール形成戦略研究所提供

     世界的な人気ロックバンドのU2が、今月開いた13年ぶりの来日コンサートで、楽器の演奏に再生可能エネルギーから得た電力を使った。地球温暖化対策の重要性を訴えるのが狙い。英国の人気バンドも環境への配慮を理由に世界ツアーの中止を発表するなど、影響力のあるミュージシャンによる温暖化防止の取り組みが広まっている。

     U2は、今月4、5日の2日間、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)でコンサートを開催。ギターやア…



    記事内容へ

⇒ 全て見る

弊社で太陽光発電を設置いただいたお客様を対象に、毎月1kWあたりの売電量を算出し、売電ランキングの発表をおこない、1位、2位のお客様、および飛び賞8位のお客様に豪華商品ををお贈りします。
  • 大分県大分市 O発電所 様
    94.931kw
    宮崎県都城市 W発電所 様
    94.844kw
    熊本県八代市 T発電所 様
    78.356kw

2019年12月

 

 

       2019.8.09 成功・決勢会クルージング

 

2019.8.09 成功・決勢会クルージング 
▲2019年8月9日 博多湾クル−ジング マリエラにて
日頃お世話になっている皆様にご来席いただき誠にありがとうございました。
この御縁に感謝して更に繁栄発展出来るように社員一同精進して参ります。

 

 

 

 

       福岡本社・熊本ショールームオープン記念祝賀会

 

▲2018年1月11日 グランドハイアット福岡にて
日頃お世話になっている皆様にご来席いただき誠にありがとうございました。
この御縁に感謝して更に繁栄発展出来るように社員一同精進して参ります。

 

 

 

 

営業スタッフ(正社員)随時募集中です!

 

▲2019年抱負 社員の意気込みです!

 

▲先輩スタッフの声と社長からのメッセージです。「情熱と志」を持った方をお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

社会貢献への取り組み

 

1.人道支援活動
ECO信頼サービスでは、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として以下の団体へ売上の一部を寄付(寄贈)しています。

 

日本救援衣料センター   日本赤十字社

 

 

2.義援金活動
ECO信頼サービス株式会社では、災害等によって被災された場合においても、ライフラインとして必要不可欠な電力を供給させていただけることから、会社設立当初より全国各地の自治体等と連携を図らせていただき、「全国に明かりを灯そう」をスローガンに掲げ、電気の供給を通じた社会貢献活動を行っており、その中でも安全安心を肌で実感していただける蓄電池の普及に全力を挙げて取り組ませていただいております。また、この蓄電池の売上金の一部を関係自治体等に義援金として寄附させていただいており、令和元年9月「台風15号、19号による千葉県災害」、平成30年7月15日「平成30年7月豪雨」により被災された皆様に対し、復興の一助になれば幸いであると考え、関係自治体に対し、義援金を寄付させていただきました。 災害により被災されました皆様に対し、心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 私共は常に和を尊び経営理念を源流とし些かなりとも社会に貢献させていただきたい所存でございます。

令和元年9月「台風15号、19号による千葉県災害」義援金として寄付させていただきました。
福岡県 小川洋知事、熊本県八代市 中村博生市長からのお礼状をいただきました。

千葉県災害義援金  福岡県お礼状  熊本県八代市お礼状 

 

 

3.環境保全活動
ECO信頼サービス株式会社では、設立当初より環境保全活動に取り組んでおります。政府は、平成30年7月3日に第5次エネルギー計画を閣議決定しました。この決定により、自然エネルギーを活用した各種取組みは更に加速していきます。
我々は、環境保全を人類の永遠のテーマであると考え、今後もこの政府の取組みに賛同し、誇りと使命感を持って環境ビジネスや環境保全活動に貢献していきます。

環境保全活動  Panasonic

 

 

 

 

感謝状授与

 

パナソニックLSスマートエナジー株式会社様、長州産業株式会社様から感謝状をいただきました。

 

パナソニックLSスマートエナジー株式会社感謝状 長州産業株式会社感謝状

 

 

各種認定登録

 

一般建設業 電気工事業者 電気工事業者2

 

ECOくん

 

 

 

 

メディア掲載情報

 

メディア掲載情報|月刊リーダーズ、福岡経済

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ