施工風景リアルタイム動画配信中

 

太陽光・蓄電池・オール電化の施工事例

 

お客様からの声

 

電力自由化シミュレーション

 

 

ECO信頼サービスのINFORMATION

  • 2016.09.29

    台風17号 停電200万戸以上

    中央災害対策センターが27日午後6時15分に発表した最新の統計によると、台湾全土の死者は3人、負傷者は167人。行方不明者は出ていない。避難者数は8116人。停電は266万5145戸で、うち67万7668戸はすでに復旧した。



    記事内容へ

  • 2016.09.28

    原発廃炉 新規参入の電気事業者にも費用負担を検討

    大手電力会社が保有する原子力発電所を廃炉にした際の費用をどのようにまかなっていくのか話し合う経済産業省の委員会が27日から始まりました。これまでは電気料金に上乗せされる制度になっていましたが、電力の自由化が始まったことで新規に参入した電力事業者にも負担してもらう枠組みを検討します。



    記事内容へ

  • 2016.09.27

    韓国の原発周辺で原因不明のガス臭、地震の前触れ?

    韓国の原発周辺で原因不明のガス臭、地震の前触れ?と不安広がる=「いよいよ嫌な予感がする」「まともな政府なら原発を停止するはずなんだが」
    2016年9月25日、韓国・聯合ニュースなどによると、12日の国内観測史上最大の地震発生から余震が続いている韓国南東部地域で、原因不明の異臭が街を覆い、市民らが不安を訴えている。



    記事内容へ

  • 2016.09.26

    発電の「環境価値」売買=18年にも新市場-再生エネなど普及後押し・経産省

     経済産業省は、温室効果ガス抑制につながる太陽光、風力などの再生可能エネルギーや原子力を使った発電の「環境価値」を、発電した電力と切り離して売買する市場を2018年にも創設する。発電量に見合った環境価値を事業者や太陽光パネルを持つ家庭が自由に売買できるようにすることで、環境に優しい再生エネなどによる発電の普及を後押しする。



    記事内容へ

  • 2016.09.25

    原発電力の購入拒否でも 全原発の廃炉費用は国民負担

    経済産業省は、東京電力福島第一原発の廃炉や事故処理にかかる費用のほか、他大手電力が保有する原発も含む廃炉費用を、原則としてすべての電力利用者に負担させる方向で調整に入った。電気料金に含まれる「託送料金」に費用を上乗せする案が有力だ。同省の方針通りに決まれば、四月の電力小売り自由化で大手電力会社以外と契約した消費者も費用を支払うことになる。



    記事内容へ

⇒ 全て見る

売電収入チャンピオン

余剰電力買取BEST

  • 中津市 S 発電所 様
    97.921kw
  • 上毛町 A 発電所 様
    97.839kw
  • 久留米市 K 発電所 様
    95.525kw
  • 北九州市 S 発電所 様
    95.583kw
  • 荒尾市 S発電所 様
    94.218kw

2016年8月

 

 

 

社会貢献への取り組み

 

ECO信頼サービスでは、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として以下の団体へ売上の一部を寄付(寄贈)しています。

 

日本救援衣料センター   日本赤十字社

 

 

このたびの、熊本・大分を震源とする地震により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
ECO信頼サービスでは、売上金額の一部を地震災害の義援金として寄付しています。

 

 

 

 

営業スタッフ(正社員)随時募集中です!

 

▲先輩スタッフの声、代表からのメッセージがご覧いただけます。

 

 

メディア掲載情報

 

ふくおか経済

 

▼以下の特集で掲載されました。

 

2016年7月号(クリックで拡大します)
2015年12月号
2015年11月号
2015年7月号
2015年6月号

 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ