熊本電力、供給電力のCO2排出をゼロに 約6%が熊本の「地産地消」電気

画像はイメージです

熊本電力(熊本県熊本市)は8月28日、供給電力のCO2排出をゼロにしたと発表した。 2019年4月から2020年3月までの間、顧客に販売した電力で発生した28,000トンのCO2について、2020年8月24日に無効化手続き(排出権による補正手続き)を行った。なお、電気事業者別の排出係数確定値は2020年12月頃公表。

また、2019年度は、卒FITによる住宅用太陽光余剰電力買取0.3%、

 

2020年9月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ