旭化成、集合住宅の非FIT太陽光発電で創出した「環境価値」を工場で活用

 p>旭化成(東京都千代田区)と東京電力エナジーパートナー(東電EP/東京都中央区)は8月26日、旭化成ホームズ(東京都千代田区)の集合住宅に設置した、非FITの太陽光発電設備で創出した環境価値を、旭化成の工場で使用する電力に付加して有効活用する取り組みを開始すると発表した。

固定価格買取制度(FIT制度)の対象外(非FIT)となる太陽光発電設備を活用し、非FIT非化石証書を付加した電力を同一企業グループ内の事業所に供給する取り組みは、同社によると国内初。

旭化成ホームズは、賃貸用の集合住宅「ヘーベルメゾン」のオーナーから屋根部分を賃借して、

 

2020年9月1日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ