岩手県 台風10号の影響で停電や断水続く 9月1日

停電

台風10号の影響で、岩手県では広い範囲で停電や断水が続いています。

東北電力によりますと、岩手県では1日午前0時現在、岩泉町の全域が停電しているのをはじめ、宮古市や田野畑村など、合わせて7つの市町村の、およそ1万1800戸が停電しています。
東北電力は切れた電線を見かけた場合は、危ないので近づかないよう呼びかけています。

断水

各地で断水も続いています。
岩泉町は全域が停電している影響で、浄水場から各家庭に水を送るポンプが動かせなくなり、全域の4586世帯で断水しています。陸上自衛隊が町内の2か所で給水活動を行っているということです。
このほか、宮古市の少なくとも700世帯、久慈市の517世帯、普代村の432世帯、葛巻町の270世帯、それに大槌町と野田村、軽米町、遠野市の一部でも断水が続いています。
岩泉町などでは道路が陥没するなどして資材を運ぶのが難しい場所もあり、全面的な復旧には時間がかかる見通しです。

 

2016年9月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ