太陽光発電とEVを活用したエネルギーの地産地消 小田原市

小田原市で実施する再生可能エネルギーとEVを活用した地域コングロマリッド構築の概要

京セラ、A.L.I.テクノロジーズ、REXEVは9月9日、神奈川県小田原市、湘南電力などとコンソーシアムを立ち上げて、太陽光発電による再生可能エネルギーや電気自動車(EV)を最大限に活用した地域マイクログリッドを目指すと発表した。

事業では、小田原市内の一般家庭に設置された太陽光発電の余剰電力を、同地域内の大型蓄電池やEVに供給する。地産地消を実現する地域エネルギーマネジメントによって発電・需要・余剰の運用を一元化するとともに、ブロックチェーンにより地域の再エネ共有モデルの構築を目指す。

また、非常時には系統電源から切り離し、一部の太陽光発電と蓄電池、EVを活用したマイクログリッドを運営し、 地域のレジリエンスを強化する。事業期間は2020年9月から2022年2月まで。

事業は、経済産業省が環境共創イニシアチブを通じて公募している2020年度「地域の系統線を活用したエネルギー面的利用事業(地域マイクログリッド構築事業)」に採択された。《レスポンス編集部》

 

2020年9月20日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ