原発廃炉 新規参入の電気事業者にも費用負担を検討

大手電力会社が保有する原子力発電所を廃炉にした際の費用をどのようにまかなっていくのか話し合う経済産業省の委員会が27日から始まりました。これまでは電気料金に上乗せされる制度になっていましたが、電力の自由化が始まったことで新規に参入した電力事業者にも負担してもらう枠組みを検討します。

 

2016年9月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ