アサヒ、「アサヒスーパードライ」(缶500ml)の製造にグリーン電力(再生可能エネルギー)の活用を拡大

 アサヒビールは、日本自然エネルギーと契約し活用している「グリーン電力」(風力やバイオマスといった地球環境への負担が少ない自然エネルギーで発電された電力。アサヒビールが2009年から製品の製造に活用しているグリーン電力は「グリーン電力証書システム」の利用によるもの。「グリーン電力証書システム」とは、再生可能エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」という形で取引するもの。証書を保有する企業や団体は、証書に記載されている発電電力相当分の再生可能エネルギーを活用したとみなされる仕組み)を、5月下旬製造分から「アサヒスーパードライ」(缶500ml)の製造に活用を拡大する。これによって、「アサヒスーパードライ」缶350ml、缶500mlの全数およびノンアルコールビールテイスト飲料「アサヒドライゼロ」(缶350ml)、ギフトセットのビール類がグリーン電力を活用して製造した商品となる。

アサヒビールは、2009年4月に食品業界で初めて製品「アサヒスーパードライ」(缶350ml)および「ギフトセットのビール類」の製造にグリーン電力を活用し、再生可能エネルギーの普及や気候変動対策への取り組みに繋げてきた。

 今回の拡大によって、アサヒビール全体での2020年のグリーン電力活用量は、約2500万kWh(前年比147%)となり、CO2は年間で約1万1600t削減できる見込みとなっている。

「アサヒスーパードライ」(缶350ml)と同様に、「アサヒスーパードライ」(缶500ml)の缶体には、グリーン電力を活用して製造された製品であることを示す「グリーン・エネルギー・マーク」(「グリーン・エネルギー・マーク」とは、2008年5月にグリーンエネルギー認証センターが制定したマーク(2018年4月から「一般財団法人日本品質保証機構」に認証事業を譲渡)で、製品の製造時に使用する電力にグリーン電力を活用したことを示すもの。「アサヒスーパードライ」(缶350ml)の缶体・6缶パック用包装資材・外箱およびビール類を使用するギフトセットの外箱などに記載されてい)を記載する。

アサヒビールが活用しているグリーン電力は、主に木材チップ等の“自然の恵み”を燃料としたバイオマス発電によるものであり、「アサヒスーパードライ」や「アサヒドライゼロ」を消費者に購入してもらうことが地球環境の保全につながるとしている。

アサヒグループでは、昨年1月からグループ理念「Asahi Group Philosophy」を施行し、行動指針の一つとして、「事業を通じた持続可能な社会への貢献」を掲げている。持続可能な社会への貢献を目指し、昨年2月に「アサヒグループ環境ビジョン2050」を策定した。

その中で、気候変動に関する中長期目標「アサヒ カーボンゼロ」を設定して、2050年に温室効果ガス排出量「ゼロ」を目指し、2030年に30%削減(2015年比)を目標としている。

アサヒビール=https://www.asahibeer.co.jp/

 

2020年3月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ