IEAサミット、「『クリーンエネルギー転換』こそ経済回復への主要施策に」

サミットのようす(出所:IEA)

国際エネルギー機関(IEA)が主催するクリーンエネルギー転換サミットが、7月9日にテレビ会議形式で開催された。会合では、新型コロナウイルスの世界的感染拡大からの持続可能な経済回復に向けて、クリーンエネルギー転換の重要性について、参加した各国閣僚等との協力を確認し、議長声明が発表された。IEAと経済産業省が会合の概要を報告している。

今回の会合は、新型コロナウイルスの感染拡大による未曾有の危機からの脱却に向け、「クリーンエネルギー転換」こそ、今後の経済回復に向けた主要な施策に位置付けるべき、という観点から、IEAの呼びかけによって開催された。この会合には、中国、米国、EU、インドなど世界中から40人の大臣が参加し、日本からは梶山 弘志経済産業大臣が参加した。

 

2020年7月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ