電力供給サービス: 太陽光や風力の接続申し込みを1年間保留、九州の離島に大きな制約

九州電力は長崎県と鹿児島県の離島6島を対象に、太陽光や風力による発電設備の接続申し込みを約1年間にわたって保留することを決めた。島内の主力電源である内燃力発電所の最低出力を確保するためで、離島における再生可能エネルギーの普及に大きなブレーキがかかることは確実だ。

 

2014年7月30日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ