野村不動産と東電、戸建分譲住宅に計1MWの太陽光発電導入 首都圏で創エネ

野村不動産(東京都新宿区)は5月18日、首都圏を中心に展開する分譲戸建「プラウドシーズン」に、太陽光発電PPA(第三者所有・電力購入契約モデル)サービスを活用し、メガソーラー発電と同規模の太陽光発電(総発電出力1,000kW)を導入する「バーチャルメガソーラー」を開始すると発表した。

休閑地が少ない首都圏において省エネ・創エネを行う「電力の地産地消」の取り組みとして推進する。東京電力エナジーパートナー(東電EP/東京都中央区)が、太陽光PPAサービス「エネカリプラス」を提供する。

 

2022年5月20日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ