蓄電池とは

蓄電池とは

電気エネルギーを化学エネルギーに変換して貯蔵し、必要に応じて電気を取り出すことができる装置。充電によって繰り返し使用することができる。バッテリー、二次電池ともいわれ、鉛蓄電池、ニッケル水素電池、NAS(ナトリウム硫黄)電池、リチウムイオン電池など様々な種類がある。

東日本大震災をきっかけに、非常用電源用途を中心に、企業・家庭の双方で蓄電池への関心が高まった。NECは2011年7月から容量6kWhの大型家庭用蓄電池を約250万円で住宅メーカーなど企業向けに限定販売を開始した。ソニーは家庭用蓄電池として、300Whのリチウムイオン電池「CP―S300E(W)」を 10万円台の価格で2011年10月に発売すると発表、東芝やパナソニックも家庭用蓄電池への参入を公表した。

 

2015年9月30日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ