積水化学、「RE100」に加盟 セキスイハイムの太陽光電力を工場で活用

積水化学工業(大阪府大阪市)は、事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」への加盟を発表した。「2050年までに事業活動による温室効果ガス排出量ゼロ」の実現に向け、2030年には購入電力を100%再エネに転換することで、2013年度比26%の温室効果ガス排出量を低減するよう、取り組みを進める。

 

2020年9月9日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ