滋賀銀がCO2ゼロ支店計画 太陽光で消費電力賄う印刷用画面を開く

滋賀銀行は16日、滋賀県栗東市安養寺1丁目の栗東支店を二酸化炭素(CO2)排出量が実質ゼロとなる支店に建て替える計画を発表した。滋賀銀の支店で最大の太陽光発電量(年9万1千キロワット時)を確保し、支店の消費電力を全て賄う。

 

2014年7月17日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ