浜松新電力:発足 経営に市関与 再生エネ導入を加速 

浜松市が出資する新電力会社「浜松新電力」が15日発足した。東日本大震災後の電力危機や電気料金の値上げをきっかけに、太陽光発電の電力など再生可能エネルギーを買い取り販売する電力小売会社に自治体が出資する「自治体新電力」は全国に広がりつつある。来年4月に電力小売り全面自由化を見据え、太陽光発電設備の導入量が市町村別で全国1位の同市は新電力の経営に関与することで、再生可能エネルギー導入加速を図る。【飯田和樹】

 

2015年10月29日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ