沖縄電力グループ初、エネルギーセンター建設へ 電力・空調用冷熱を面的利用

エネルギーセンターの概要とイメージ図(出所:沖縄電力)

沖縄電力グループ(沖縄県浦添市)は10月7日、沖縄県浦添市牧港・港川地区で、グループ初となる面的エネルギー供給に向けてエネルギーセンターを建設すると発表した。

ゆがふホールディングス(同名護市)が2022年に開業を予定するオフィスとホテルの複合型タワービル 「ゆがふBizタワー浦添港川」(同浦添市)と、同年完成予定の沖縄電力「新本館」(同)に対し、面的に電力と空調用冷熱を供給する。

なお、エネルギーセンターは、

 

2020年10月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ