日本郵便、集配用EV充電を遠隔制御 夜間にシフト

日本郵便(東京都千代田区)は7月22日、東京大学発のスタートアップ企業Yanekara(同・台東区)と共同で、晴海郵便局(東京都中央区)にて、集配用電気自動車(EV)の充電を遠隔で監視・コントロールし郵便局全体の電力ピークを抑制する実証実験を開始すると発表した。実証期間は7月25日~9月30日まで。

この実証実験は、Yanekaraが開発したEV普通充電コンセントに接続するだけで自動的に充電制御しピークカットを実現できるスマートスイッチ「YaneCube(ヤネキューブ)」を用いて行われる。日本郵便はこの結果を踏まえて、EV車両導入拡大時の効率的な電力使用モデルを検討するとともに、Yanekaraをはじめとするパートナー企業との連携により、顧客と地域を支える『共創プラットフォーム』を目指していく。

同実証の概要は、次のとおり。

 

2022年7月27日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ