日本板硝子、米工場で1.4MWの太陽光発電設備がフル稼働

日本板硝子(NSG/東京都港区)は5月26日、エネルギー消費量とCO2排出量削減の施策の一環として、米国ロスフォード工場(オハイオ州)の敷地内に設置した出力1.4MWの太陽光発電設備がフル稼働し、年間約250万KWhの再生可能エネルギーによる電力の供給が可能になったと発表した。

同発電設備は、米国のアメリカン・エレクトリック・パワー社(AEP)の子会社であるAEP OnSite Partnersが所有・運営し、同工場には電力購入契約に基づき、今後20年以上にわたり、同設備で発電された電力の全量が供給される。

 

2022年5月31日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ