新電力のイーレックス、最大級のバイオマス発電建設 10万世帯分、170億円で大分に

新電力中堅のイーレックス(東京・中央)は国内最大級の発電能力を持つバイオマス(生物資源)発電所を建設する。大分県佐伯市にある太平洋セメントの工場の遊休地に約170億円を投じ、2016年秋に稼働する。16年からの電力小売り全面自由化に向け、競争力の高い電気を生み出す電源としてバイオマス発電所への投資を増やす。

 

2014年8月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ