家庭用蓄電池 普及の兆し 節約効果に期待増

家庭用蓄電池の市場が拡大する兆しをみせている。価格が下がり、消費者の手が届きやすくなってきたためだ。だが一段の普及には「国の補助金の復活やこれまで以上に価格が下がることが欠かせない」との指摘は多い。 (伊東浩一)

 

2014年7月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ