太陽光発電 新しい駅の電力使用量を50%以下に、回生電力や太陽光発電で

JR西日本は2016年春に神戸市で開業する新駅の電力使用量を同規模の駅と比べて50%以下に抑える。電車のブレーキ時に発生する回生電力を駅のエレベータやエスカレータに供給するほか、駅舎の屋根に太陽光パネルを設置する計画だ。回生電力によって削減できる電力量は10世帯分になる。

 

2014年6月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ