国内初、商用スケールの「大型潮流発電」実証試験に着手 九電みらいエナジー

九州電力グループの九電みらいエナジー(福岡県福岡市)は3月14日、長崎県五島市沖で、国内初となる商用スケールの大型潮流発電(1,000kW級)による実証試験を行うと発表した。環境省「令和4年度潮流発電による地域の脱炭素化モデル構築事業」の採択を受けて、共同実施者の長崎海洋産業クラスター形成推進協議会(長崎県長崎市)とともに実施する。

九電みらいエナジーは2019~2021年度環境省事業で、長崎県五島市沖において国内初となる大型潮流発電機(500kW)を採用した実証に取り組んできた。今回の事業では同じ場所で、これまで得られた成果を最大限活用するとともに、500kW発電機を国内初となる商用スケールの1,000kW級潮流発電機に改造し、電力系統に連系した実証を行う。

 

2022年3月17日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ