再生エネ買い取り、18年には電気代上乗せ月600円

政府が太陽光など再生可能エネルギーでつくった電気の買い取りを電力会社に義務づける「固定価格買い取り制度」が始まり、7月で2年を迎えた。発電量が1.5倍に増えるなど再生エネ市場は予想以上に拡大した。だが、太陽光の買い取り価格を高く設定しすぎた結果、電気料金が上がるなど弊害も目立つ。

 

2014年7月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ