住友商事、国内最大級193MWの陸上風力発電事業に四国電力が参画 高知県

位置図(出所:住友商事)

住友商事(東京都千代田区)は9月30日、高知県において、ジャパンウィンドエンジニアリング(JWE/東京都港区)、北拓(北海道旭川市)の3社共同で開発を進める陸上風力発電事業「今ノ山風力発電事業」に、四国電力(香川県高松市)が参画したと発表した。

同事業は、高知県土佐清水市と幡多郡三原村にまたがる今ノ山の稜線部に、出力19万3000kWの陸上風力発電所を建設・運営するもの。国内の陸上風力発電所としては最大規模となる予定。2024年に着工し、運転開始は2027年を予定している。

 

2021年10月5日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ