今後の世界エネルギー情勢

国際エネルギー機関(IEA)によると、

現在の世界の一次エネルギー量 = 約92億TOE
ですが、同機関による見通しでは今後の経済成長の拡大により、

一次エネルギーの需要 = 年平均1.6%増加
2030年における世界の一次エネルギーの需要??=??約153億TOE
にまで達すると予測されているようです。

これは2000年比で66%増に相当します。この増加分の3分の2は途上国によるもので、地域別では、中国やインドのエネルギー需要の増大から、アジア地域の伸びが最大になるとされています。先進国全体の2030年までの増加率が、年平均1%程度であるのに対し、アジアを含む開発途上地域では年平均3%の増加率と予測されています。

 

2014年7月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ