九電グループ、米企業に出資 アフリカ未電化地域支援

九州電力(福岡県福岡市)は7月13日、グループ会社のキューデン・インターナショナル(同)が、アフリカの未電化地域において、太陽光システム等により電力供給を行うスタートアップ企業を支援する米国ベンチャー企業Persistent Energy Capital(PE社)に出資したと発表した。同社グループがアフリカ地域に事業参画するのは今回が初めて。

PE社は2012年に設立。アフリカ地域におけるカーボンニュートラルと経済発展の両立を実現するため、アフリカ地域の再エネ部門における専門家・投資家として、スタートアップ企業へ資本面・人財面でのサポートを行っている。PE社が出資する企業は、サハラ以南のアフリカ地域で、オフグリッド事業(太陽光システム等による未電化地域への電力供給)やe-モビリティ事業などを実施している。

 

2022年7月18日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ