三菱UFJ銀行、メガワット級太陽光発電を新設→自己託送で再エネを自家消費

三菱UFJ銀行(東京都千代田区)は3月16日、メガワット級の新設太陽光発電設備を活用したオフサイト(敷地外)における自己託送エネルギーサービスを導入すると発表した。東京電力エナジーパートナー(東電EP/同・中央区)の100%子会社である日本ファシリティ・ソリューション(JFS/同・品川区)と同サービスに関する契約を締結し、2022年9月の竣工・サービス開始を目指す。

このサービスは、三菱UFJ銀行が千葉県旭市に約2,000kWの太陽光発電所を新設し、発電した全ての電力を一般送配電事業者の送配電ネットワークを介して、三菱UFJ銀行のデータセンターへ供給(自己託送)するもの。

 

2022年3月21日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ