三菱重工とボーイング、航空産業の脱炭素化へ協業

三菱重工業(東京都千代田区)とボーイング社(米国バージニア州)は7月19日、 2050年のカーボンニュートラルを実現するという世界的なコミットメント達成に向け、持続可能な航空産業の実現に向けた協業を行う覚書(MOU)を締結したと発表した。

両社は持続可能な航空燃料(SAF)、水素、電動化、環境に配慮した素材、CO2回収、環境負荷ゼロに貢献する推進技術、新しい機体コンセプトなどの分野での協業を通して、持続可能な航空産業の実現に貢献するとしている。

三菱重工とボーイング社のカーボンニュートラルへ実現向けた取り組み

 

2022年7月26日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ