三菱自動車、インドネシアで軽商用EVの実証実験 現地企業4社と覚書

三菱自動車工業(東京都港区)は3月14日、インドネシアで軽商用電気自動車(EV)に関する実証実験を行うと発表した。日本で2011年に投入した「ミニキャブ・ミーブ」を現地企業において輸送業務に使用し、約半年間の実証実験を通じて、走行距離や充電記録、配送ルートなどのデータ集積を行う。この結果をもとに、EV普及に向けた環境整備を検証する。

実証実験に先立ち、インドネシアで同社のクルマを販売するミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)が、現地企業4社と実証実験に関する覚書を締結した。

 

2022年3月18日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ