ホンダの空飛ぶクルマ「eVTOL」、2040年代の実用化に向け本格開発中

ホンダは2021年9月末、埼玉県内の研究開発拠点で報道陣向けに次世代技術についての説明会を実施した。

ホンダは現在、四輪・二輪・芝刈り機や小型発電機などのパワープロダクツ、そしてジェット機の製造をしているが、これらに加えた新領域についても研究開発を進めている。

IMG_0515

ホンダeVTOLの模型(筆者撮影)

研究開発の実務を行うのは、本田技術研究所だ。

 

2021年10月12日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ