ニュース一覧へ ニュース シャープ、欧州の太陽光発電事業から撤退、143億8200万円の特別損失を計上

シャープは7月11日、欧州の太陽光発電事業から撤退し、同地域における太陽光関連事業の構造改革を実施すると発表した。合弁会社を通じて、薄膜太陽電池の生産・販売事業を継続しつつも、メガソーラー(大規模太陽光発電所)のEPC(設計・調達・施工)サービス事業を強化することで、収益改善に取り組む。

 

2014年7月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ