トヨタ、“Fun&Clean Vehicle”セダン型燃料電池車(FCV)のエクステリアを初公開

トヨタは現在、燃費向上とエミッション低減を目指す「省エネルギー」と、電気や水素をはじめとした代替燃料を利用する「燃料多様化への対応」を基本方針として環境技術開発を進めている。中でも、燃料多様化への対応においては水素に注目し、水素を将来有望なエネルギーに位置づけているという。

 

2014年7月24日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ