スバル、カーボンニュートラル燃料でレース参戦 量産化を見据えた新たな挑戦

スバルがカーボンニュートラル燃料を使った研究開発を始めた。

カーボンニュートラル燃料とは、バイオマスや再生可能エネルギーなどを精製の過程で発生するCO2(二酸化炭素)量を低減させ、燃料の使用時に排出されるCO2量と相殺するという考え方に基づいた燃料の総称だ。

グローバルで『2050年カーボンニュートラル』が提唱され、日本でも政府が『グリーン成長戦略』が打ち出す中で、CO2削減の新たなる方策として注目が集まっている。

そうした中、スバルが始めた活動は、モータースポーツを活用して研究開発の速度を上げる手法だ。

 

2022年3月29日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ