シャープのクラウドHEMS、4社のエコキュートと連携可能に

(出所:シャープ)

シャープ(大阪府堺市)は10月5日より、AIが予測した太陽光発電システムの余剰電力量に応じて、クラウド蓄電池を自動で制御するクラウドHEMSサービス「COCORO ENERGY」と連携する機器を拡充し、新たにコロナ(新潟県三条市)、日立グローバルライフソリューションズ(東京都港区)、三菱電機(同千代田区)製のエコキュートと「AI予測制御」機能の連携を開始した。

2019年7月より連携を開始したダイキン工業(大阪府大阪市)製と合わせて、業界最多となる4社のエコキュートとの「AI予測制御」機能の連携が可能となった(2020年10月2日現在、シャープ調べ)。同社は、

 

2020年10月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ