アサヒビール、国産最軽量のビール類202径アルミ缶蓋開発 CO2も削減

(出所:アサヒビール)

アサヒビール(東京都墨田区)は8月31日、環境に配慮したパッケージ開発の一環として、ビール類用として国産では最軽量となる、口径202径のアルミ缶蓋(202径アルミ缶蓋)を東洋製罐(東京都品川区)と共同で開発したと発表した。

今回共同開発した「202径アルミ缶蓋」はこれまでの「204径アルミ缶蓋」に比べ、缶の品質や強度はそのままに缶蓋の直径を約3mm小さくした。これにより缶蓋1枚あたりのアルミニウム使用量を従来より約2割削減した2.5gとなり、缶135mlを除くビール類用缶胴(66mm径)向けの缶蓋として国産最軽量を実現した。アルコール飲料としては、アサヒビールが国内で初めて採用する。

9月中旬に北海道工場でこの缶蓋を使用した商品をテスト製造し、道内で販売を行う。実際の使い勝手やリスクの検証を経て、2023年から

 

2021年9月2日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ