PVJapan2015: 太陽光発電、“FIT押し”から「O&M」へ (1/3)

国内の太陽光発電市場は固定買取制度(FIT)により急速に成長した。ただし買取価格の低下により、今後は新規施設の拡大だけでなく、既存施設でより効率的な発電を保持することが求められるようになってきた。そこで注目を集めているのが、発電量の低下や機器の異常を知らせたりする「O&M(運用・保守)」関連のソリューションサービスだ。

 

2015年8月5日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ