JXTGエネルギー、卒FIT太陽光をTマネーで買い取り 新サービス開始

JXTGエネルギー(東京都中央区)は1月21日、固定価格買取制度に基づく買取期間が満了を迎える住宅用太陽光発電設備(卒FIT太陽光)の余剰電力を、電子マネーである「Tマネー」で買い取る新サービスを始めると発表した。同日より申込みの受付を開始した。

同社は、再生可能エネルギーの有効活用を目的に、卒FIT太陽光の余剰電力を買い取る「ENEOS太陽光買取サービス」を2019年11月より開始している。FIT太陽光の買い取りにあたり、近年のキャッシュレス機運の高まりの中、顧客の利便性を高めるため、現金に加えTマネーでの買取を実施する。

現金払いと同じ買取料金で設定

ENEOS太陽光買取サービスで、Tマネーを選択した顧客には、買取金額を、TカードにTマネーで支払う。支払ったTマネーは、提携する全国約22,000店舗で利用できる。

対象エリアは全国(沖縄、離島を除く)。買取価格(税込)は現金払いと同じで、北海道・東北・東京電力エリアは11円/kWh、中部・北陸・関西・中国・四国電力エリアは10円/kWh、九州電力エリアは8円/kWh。単価適用期間は、2021年3月分まで。

Tマネーは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(東京都渋谷区)が展開する電子マネーで、新しい買取サービスは、Tマネーを管理・運営するTマネー(東京都中央区)と提携して提供する。

Tマネーでは、ファミリーマートやウエルシア、TSUTAYA、カメラのキタムラなど全国の店舗において、Tカード1枚で共通ポイントと電子マネーを利用できる。現在全国で年間250万人以上が使用する。また、消費増税後のキャッシュレス消費者還元事業にも参画するなど、顧客のニーズに応じたキャッシュレス推進施策に積極的に取り組んでいる。これらのことから、JXTGエネルギーは、自社サービスとの提携効果が高いと判断した。

同社は、今後もENEOS太陽光買取サービスでは、電子マネー対応を進めることによって、さらなるサービスの強化を図っていくとしている。

 

2020年1月22日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ