JERA、50年CO2排出実質ゼロを表明 再エネとゼロエミ火力で相互補完

JERAゼロエミッション2050 日本版ロードマップ概要(出所:JERA)

JERAは10月13日、2050年時点で国内外の事業から排出されるCO2の実質ゼロに挑戦することを掲げた「JERAゼロエミッション2050」を発表した。今回、国内事業におけるCO2ゼロエミッションの道筋として、保有するすべての非効率石炭火力発電所(超臨界以下)を2030年までに停廃止すること、火力発電所での化石燃料とアンモニアや水素の混焼、混焼率引き上げなどを柱としたロードマップを策定した。

この「JERAゼロエミッション2050 日本版ロードマップ」は今後、政策等の前提条件を踏まえて段階的に詳細化を図る。

 

2020年10月18日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ