ENEOSと日本板硝子、透明な窓用太陽光発電パネルの実証実験を開始

実証実験の様子(出所:ENEOSホールディングス)

ENEOSホールディングス(東京都千代田区)と日本板硝子(NSG/同・港区)は9月1日、透明な太陽光発電パネルを建物の窓として使用する実証実験を開始した。同パネルは、米国ユビキタスエナジー社(UE社)が開発したもので、ENEOSが出資し、NSGが共同開発を行っている。実証期間は2022年8月31日まで(予定)。

この実証では、日本国内の日照、気候条件下におけるUE社製太陽光発電パネルの省エネ性能(遮熱・断熱性)と発電性能について検証する。ENEOSと日本板硝子が共同で、1年間(2021年9月1日~2022年8月31日)にわたり、NSGの千葉事業所(千葉県市原市)内に設置した施設で定量的な評価を行う。ENEOSが実証実験の企画・主導と実験結果の解析を担い、日本板硝子が実験アセット、UE社との共同開発の知見の提供、実験結果の解析を実施する。

 

2021年9月4日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ