2030年、国内の住宅用太陽光発電市場は3.6倍に伸長の予測 民間調査

富士経済の調査によると、設置ベースでの国内太陽光発電システム市場は2030年度に産業用が6GW(2013年度比5.3%増)、1兆4,000億円(同24.3%減)、住宅用が5GW(同3.6倍)、1兆5,000億円(同2.5倍)になる見通し。住宅用はインセンティブが低下しても導入しやすく、中長期的には日陰の住宅を除き、ほとんどの住宅で導入されると予想する。

 

2014年11月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ