20年度上半期の太陽光関連倒産、前年同期比13.9%増 半期40件台発生

倒産件数と負債総額の推移(出所:帝国データバンク)

帝国データバンク(東京都港区)は10月13日、太陽光関連業者の倒産動向を調査した結果を発表した。これによると、2020年度上半期(4月~9月)の太陽光関連業者の倒産件数は41件で、前年同期(2019年度上半期)の36件から13.9%の増加となった。ただし、前期(2019年度下半期)の45件からは8.9%減少した。

太陽光関連業者の倒産件数は、2016年度下半期以降、2019年度上半期を除いて半期で40件台のペースで倒産が発生している。

 

2020年10月17日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ