1万本以上のリチウムイオン蓄電池で、太陽光発電による電力融通を可能に

日本でも最先端のエネルギー管理システムを構築する「柏の葉スマートシティ」では、大容量の蓄電池システムを導入して太陽光発電の電力を最大限に活用する。1万本を超えるリチウムイオン蓄電池が充電と放電を繰り返しながら、地域内のビルで使用する電力のピークを抑える仕組みだ。

 

2014年6月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ