’15知事選・山梨:政策の課題/中 再生エネ 太陽光発電が急増 /山梨

昨春、北杜市の高原で小さなホテルを営む女性(59)は、近所の林がチェーンソーで切り倒される音を聞いた。「新しい家かな」と思いきや、実は太陽光発電設備のパネル設置の工事だと聞いた。間もなく近所の計約1・5ヘクタールに約1メガワット(1000キロワット)相当の発電可能なパネルが設置された。宿泊客に八ケ岳の風景を楽しめる近所の散歩道を紹介していたが、「パネルを目にしないで歩ける道がどんどん減る」と嘆く。

 

2015年1月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ