電力需要GW自粛で急減へ 中部電、関電などと需給調整

中部電力が5月の大型連休に安定的な電力供給を続けるための備えを急いでいる。例年、工場の稼働率が下がり、常に同じに保つ必要のある電力の供給と需要のバランスがずれやすい。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で商業向けを含め需要減に拍車がかかり、いつも以上の対策を求められる可能性がある。中部電力としては関西電力などとの需給調整を拡大するなどして対応する。

 

2020年5月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ