電力自由化 安定供給と安価を前提に

電気の小売りを全面的に自由化する電気事業法改正案が、近く成立する見通しとなっている。電力会社の地域独占を崩し、新規参入を促すことで料金やサービスの競争を進める狙いだ。自由化をにらみ、すでに中部電力などが首都圏参入に意欲をみせており、迎え撃つ東京電力は全国規模で小売り参入を計画しているという。

 

2014年6月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ