長野県、2030年に温室効果ガス6割削減へ 「ゼロカーボン戦略」を策定

画像はイメージです

長野県は6月8日、地球温暖化対策と環境エネルギー政策を推進するための計画「長野県ゼロカーボン戦略~2050ゼロカーボン実現を目指した2030年度までのアクション~」を発表した。2010年度比で、温室効果ガス正味排出量を2030年度までに6割削減を目指すほか、再生可能エネルギー生産量を2030年度までに2倍増・2050年度までに3倍増、最終エネルギー消費量を2030年度までに4割減・2050年度までに7割減を目指す。

028317-2

(出所:長野県)

同アクションプランは、「社会変革、経済発展とともに実現する持続可能な脱炭素社会づくり」を基本目標とし、計画期間は2021年度~2030年度までの10年間。

 

2021年6月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ