里芋と小松菜を栽培しながら太陽光発電、岐阜県の農地でソーラーシェアリング開始

岐阜県で初の「営農型太陽光発電設備」が5月から運転を開始した。農地に支柱を立てて、農作物の栽培を続けながら上部の空間に太陽光発電設備を設置する。500枚の太陽光パネルを使って、年間の売電収入は220万円を見込む。「ソーラーシェアリング」とも呼ばれる新しい農業経営が始まる。

 

2014年5月21日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ