自然エネルギー: 発電コスト最小の太陽光、産油国ドバイに建設 (1/2)

ドバイ電力水道公社は、2015年1月15日、200MWの太陽光発電所の設計・調達・建設先として、サウジアラビアACWAとスペインTSKのコンソーシムを選んだと発表した。決め手はコスト。発電所の生涯を通じた発電コスト(LCOE)は、5.85米セント/kWhという世界最小水準だ。

 

2015年1月22日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ