自然エネルギー: 太陽光で電力をまかなうインドの空港、発電量が使用量を上回ってCO2フリーに

インドの南部にある「コーチン国際空港」で発電能力12MWのメガソーラーが運転を開始した。年間の発電量は空港内の電力需要を上回り、世界で初めて太陽光発電で運営できる空港になる。蓄電池などは設置せず、昼間の電力を売電しながら夜間に電力を買い戻す方式を採用した。

 

2015年8月25日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ