自然エネルギー: 公立大学で最大規模の「屋根貸し」太陽光発電、災害時には非常用電力に

愛知県立大学「長久手キャンパス」の屋根を活用した太陽光発電事業がスタートする。同大学が発電事業者に屋根を貸し出して、20年間にわたって発電を行う。推定発電量は年間42万2400kWh(キロワットアワー)を見込んでおり、災害時には発電した電力を学生の安全や大学の機能維持に活用していく。

 

2015年5月20日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ